福島県、12月は7万5493人感染 1日公表1263人、2日1038人

 

 県は1、2の両日、県内で新たに2301人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日公表分が1263人、2日公表分が1038人。また、感染して県内の医療機関に入院していた90歳以上男性、60代女性、年代非公表の女性の計3人が昨年12月中旬~下旬に死亡し、県内での死者は計462人となった。

 昨年12月の感染確認は、月別で最多となる7万5493人となり、8月の6万6622人を上回った。7万5493人の年代別内訳は、40代が1万1396人(15.1%)と最も多く、10代の1万1354人(15.0%)、30代の1万1135人(14.7%)と続いた。2022年の感染確認は33万4638人だった。

 クラスター(感染者集団)の発生件数は183件で、同8月の172件を上回った。183件を施設区分ごとにみると、高齢者施設が103件と半数以上を占め、次いで医療機関が39件、介護施設が27件などだった。

 県内では重症1人を含む353人が入院中で、病床使用率は46.1%と3日連続で50%を下回った。287人が宿泊療養している。

 県内での感染確認は延べ34万5199人となった。2301人の医療機関の所在地別内訳は、郡山市406人、いわき市231人、会津保健所管内183人、福島市173人、県北保健所管内129人、県南保健所管内125人、県中保健所管内102人、相双保健所管内61人、南会津保健所管内11人。「県陽性者登録センター」は880人だった。