殴られた20代男性が死亡 福島の繁華街、傷害疑いで男2人逮捕

 

 昨年12月31日未明に福島市置賜町の路上で20代男性がけがをして倒れていた事件で福島署は1日午前、いずれも傷害の疑いで、同市大波字平山、会社員の男(25)、同市飯坂町字東桜瀬、会社員の男(25)の両容疑者を逮捕した。男性は同市の病院に搬送されたが、31日夜に死亡した。同署は2日に福島医大で司法解剖を行い、男性の死因の特定を進めている。

 両容疑者の逮捕容疑は、12月31日午前4時から同4時25分ごろの間、同市置賜町の「さんかく広場」付近の路上で20代男性の顔を素手で殴るなどの暴行を加え、頭部にけがを負わせた疑い。いずれも暴行を認めているという。

 同署によると、31日午前4時30分ごろ、被害男性の知人が「福島駅前でけんかが起きた」と110番通報。暴行を受けた男性は意識不明の状態で市内の病院に搬送され、約18時間後に死亡した。両容疑者と男性は事件当日はそれぞれ複数人で行動していて、路上でトラブルが起きたとみられる。両容疑者は友人で、男性との面識はなかったという。同署は、事件前後の状況やトラブルの経緯などを調べている。同署は1日、両容疑者を送検した。