衝突、軽炎上4遺体 郡山の市道交差点、過失致傷疑いで男逮捕

 
4人の遺体が見つかった車両を調べる消防隊員ら=2日午後8時45分ごろ、郡山市大平町

 2日午後8時10分ごろ、郡山市大平町の市道交差点で、軽乗用車と乗用車が衝突した。軽乗用車が横転して炎上し、車内から4人の遺体が見つかった。4人の年齢や性別などは分かっていない。

 郡山署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、乗用車を運転していた福島市泉字長滝前、会社員の男(25)を現行犯逮捕した。同署は容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて捜査する。男にけがはなかった。

 同署などによると、現場は信号機や一時停止の標識のない十字路交差点。交差点に西側から進入してきた軽乗用車と、北側から進入してきた男の乗用車が出合い頭に衝突、軽乗用車が横転し、炎上したという。軽乗用車側の道路に中央線があり、優先道路だったとみられる。男は1人で運転していて、自ら119番通報した。

 同署などが遺体の身元や事故の原因などを調べている。現場はJR郡山駅から東南東に約4キロの田園地帯。