磐梯山、火山性地震観測せず 元日から2日、22年末顕著な増加

 

 仙台管区気象台は2日、火山活動が高まっている磐梯山で1日から2日午後3時までの間、火山性地震は観測されなかったと発表した。昨年末に火山性地震の顕著な増加があり、引き続き火山活動の推移に注意を呼びかけている。

 同気象台によると、火山性地震は、昨年12月28日午後以降減少傾向にあり、同31日に12回の火山性地震を確認して以降は観測されていない。

 低周波地震や火山性微動も観測されず、地殻変動や監視カメラによる観測でも特段の変化は認められなかった。