住宅地で道路脇の斜面崩落 いわき、けが人や建物被害なし

 
斜面が崩落し、規制線が張られた道路=3日午後9時、いわき市小名浜

 3日午後7時30分ごろ、福島県いわき市小名浜岡小名権現山の住宅地で、近隣住民から「崖が崩れて道路をふさいでいる」と119番通報があった。いわき東署や市消防本部などによると、道路脇の斜面の一部が崩れ、土砂が道路に落下したという。けが人や建物への被害は確認されていない。

 いわき東署によると、道路は私道とみられる。土砂が落下した道路は坂になっており、坂の上には住宅数軒が立ち並んでいるという。現場周辺の一部住民が自主的に避難した。