住宅地の土砂崩れ、モルタルの経年劣化が原因か 小名浜

 

 いわき市小名浜岡小名の住宅地で3日夜に発生した土砂崩れで、崩落の原因は斜面に吹き付けられたモルタルの経年劣化とみられることが4日、市への取材で分かった。市は土地の所有者に話を聞くなどして詳しい原因を調べている。

 市によると、モルタルや土砂などが落下した影響で斜面に隣接する私道が一時通行できない状態となっていたが、4日昼までに土砂の撤去が完了した。付近の1世帯の住民が自主避難を続けている。