海鮮丼お待たせ!相馬の「斎春」 地震被害、仮店舗で営業再開

 
斎春海鮮丼などを目当てに訪れた大勢の来店者でにぎわう店内

 最大震度6強を観測した昨年3月の地震で休業が続いていた相馬市の斎春商店は6日、仮店舗で営業を再開した。新鮮な魚介類を目当てに、大勢の来店者が訪れ、地震から10カ月近くを経て復活した「斎春海鮮丼」などを味わった。

 店では本マグロやウニ、ボタンエビなどが堪能できる「斎春海鮮丼」のほか、刺し身定食、いくら丼などを提供。仮店舗のため、地震前に比べてメニューは限定せざるを得なかったが、仕入れにこだわった自慢の海の幸で来店者をもてなした。仮店舗前では、カレイやイカなどを甘辛く焼き上げる浜焼きも繰り広げられ、辺りには香ばしい匂いが漂った。

 海鮮丼を注文した郡山市の会社員男性(50)は「地震の前にも食べに来ていたが、以前と変わらないおいしさだった」と笑顔を見せた。同店専務の斎藤智英さん(40)は「再開を待っていた常連のお客さんが来てくれ、海鮮丼に満足して帰ってくれたことが本当にうれしかった」と話した。

 同店は地震で被災し、建物の使用が難しい状況が続いていた。仮店舗は、地震前まで営業していた店舗から西に約2キロ離れた場所に構えた。今後、新たな斎春商店を再建する予定。

 仮店舗は相馬市尾浜字細田197。営業時間は午前11時~午後2時。問い合わせは同店(電話0244・38・8108)へ。