イノシシと間違い仲間を誤射 磐梯で狩猟中、男性軽傷

 

 9日午前10時50分ごろ、福島県磐梯町大谷字村東の山林で郡山市の無職男性(68)が発射したライフル銃の弾が、60代男性の左足に当たった。男性は約3週間の軽傷。

 猪苗代署によると、2人は狩猟仲間で、もう1人の仲間と計3人でイノシシを狩っていた。無職男性がイノシシと見誤って銃を1発発射し、60代男性の足に当たったという。同署が業務上過失致傷の疑いで詳しい状況を調べている。