福島県の電子商品券、4時間で完売

 

 無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、購入額に20%が上乗せされる福島県の電子商品券の販売が11日午前9時に始まり、4時間後に完売した。電子商品券は県内全域の小売店やサービス店、飲食店など7815店舗で3月末まで利用できる。県は期間内の利用を呼びかけている。

 物価高騰に苦しむ商店街や消費者への支援を目的に展開している「まちにえがおを!オールふくしま買って応援キャンペーン」の5度目の販売。

 最終回となる今回は12億円を先着で販売し、約5万4千件の電子決済があったという。同額を販売した前回は3時間50分で完売していた。