郡山事故、死亡4人は親子 家族で外食の帰り

 
一家が亡くなった事故現場。花を供え、4人を悼む人が絶えない=11日午前11時25分ごろ、郡山市大平町

 福島県郡山市大平町の市道交差点で2日夜、軽乗用車と乗用車が衝突し、軽乗用車が炎上して乗っていた4人が死亡した事故で、郡山署は11日、車内から見つかった遺体が軽乗用車の所有者で同市大平町字簓田、パート従業員橋本美和さん(39)ら親子4人と判明したと発表した。

 ほかに亡くなったのは、美和さんの夫で会社員の貢さん(41)、長男で消防士の啓吾さん(20)、長女で高校1年生の華奈(はな)さん(16)。死因は美和さんが一酸化炭素中毒、ほかの3人は焼死だった。

 同署によると、一家は市内の飲食店で食事をして帰宅途中だった。4人が乗った軽乗用車は乗用車と衝突後に横転、炎上したため、運転していた人や同乗者が座っていた場所などは分かっていないという。

 事故を巡っては、乗用車を運転し、自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで送検された福島市泉字長滝前、会社員(25)が「(交差点のない)一本道だと思った。ブレーキをかけたが、間に合わなかった」などと供述していることが分かっている。

 捜査関係者によると、乗用車のライトは上向きと下向きが自動で切り替わる設定になっており、軽乗用車に気付いた位置などから、事故当時はライトが下向きだったとみられる。同署が詳しい原因を調べている。

 同署によると、事故は2日午後8時10分ごろ発生。中央線がある優先道路を走っていた軽乗用車の左側面後部に、乗用車が衝突した。現場の市道交差点には信号機や標識はなかった。