県内の景気指数...5カ月ぶり悪化 、昨年12月・帝国データ調べ

 

 帝国データバンク福島支店がまとめた昨年12月の景気動向調査によると、本県の景気動向指数(DI)は前月比0・5ポイント低下の43・3で5カ月ぶりに悪化した。

 9業界のうち、不動産や金融、運輸・倉庫など5業界が悪化した。本県で業界比率が特に高い建設は1・8ポイント低下の47・0となり、企業からは「災害復旧工事を得ている」「資材高騰が異常で請負金額が折り合わない」などの声があった。

 全国の景気DIは0・1ポイント低下の43・0だった。