いわきでワクチン接種ミス オミクロン対応、市内の高齢者施設

 

 いわき市は12日、市内の高齢者施設で行われた新型コロナウイルスワクチンの接種で、50代の女性職員にオミクロン株対応ワクチンを2度接種するミスがあったと発表した。現時点で体調の異常は確認されていないという。

 市によると、女性は10日に施設に常駐する医師から接種を受けたが、昨年9月にも同ワクチンの接種を受けていた。終了後に女性が、市に接種に関する問い合わせをしたことで判明した。オミクロン株対応ワクチンは1人1回しか認められていないが、女性がそのことを知らず、医師も接種履歴を確認しなかったことが原因という。