荷台作業中の61歳男性が死亡 須賀川、大型トラック斜面で後退

 

 13日午後2時55分ごろ、須賀川市狸森の会社敷地内で「同僚がトラックにひかれた」と従業員から110番通報があった。須賀川署員が駆け付けたところ、ひかれたのは同市岩渕字池向、トラック運転手の男性(61)で胸などを強く打って死亡した。

 同署によると、男性は敷地内に止めた大型トラックの荷台で作業をしていた。突然、動き出したトラックの荷台から落ち、斜面で後ろに進んできたトラックにひかれたという。同署が原因を調べている。