6団体が東北大会へ 福島県アンサンブルコンテスト

 
息の合った演奏を披露する生徒

 第50回県アンサンブルコンテスト最終日は15日、いわき市で高校、大学、職場・一般の3部門が行われ、6団体が東北大会出場を決めた。

 東北大会に出場する県代表は、高校の部で磐城・クラリネット七重奏、磐城・サクソフォン六重奏、いわき湯本・金管八重奏、磐城・フルート六重奏の4団体。大学の部は会津大・管楽六重奏の1団体。職場一般の部はIBCサクソフォンアンサンブル(いわき市)の1団体。東北大会は2月12日、山形市のやまぎん県民ホールで開かれる。

 大会は県吹奏楽連盟などの主催、福島民友新聞社などの後援。高校の部は37団体、大学の部は1団体、職場・一般の部には6団体が出場した。