健康増進施設、23年度に計画策定へ リフレ富岡跡地に建設予定

 

 富岡町夜の森地区にあった温泉宿泊施設「リフレ富岡」の跡地に建設予定の健康増進施設について、山本育男町長は17日、福島民友新聞社の取材に新年度中にも実施計画を策定したい考えを示した。山本町長は買い物ができる環境を整えるため「例えばコンビニや直売所のような施設も設けたい」と述べた。

 町によると、実施計画には施設の規模や機能などを盛り込む方針。同地区を中心とする特定復興再生拠点区域(復興拠点)は今春の避難指示解除を予定し、住民の交流拠点として帰還の促進につなげたい考えだ。

 リフレ富岡には温泉施設やレストランなどがあり、東日本大震災前は町民らの憩いの場として親しまれた。震災で建物が半壊して2021年夏に解体された。