冬の晴れ間、福島で剪定作業 「今年もおいしいリンゴを」

 
青空の下で進められたリンゴの剪定作業=19日午後、福島市上鳥渡

 20日は二十四節気の一つ「大寒」。一年を通じて最も寒さが厳しい時期とされるが、19日の福島県内は晴れ間が広がり、会津若松市では最高気温が今年最高の6.5度を観測するなど平年より暖かい所が多かった。

 最高気温は、いわき市山田町10.2度、石川町8.1度、伊達市梁川町8.0度、福島市7.7度など。

 福島市上鳥渡のリンゴ畑では青空の下、渡辺吉弘さん(64)が剪定(せんてい)作業に汗を流した。吾妻連峰を背にのこぎりなどを使い、枝に日光と風通しが良くなるよう整えた。

 渡辺さんは「雪が少なく、仕事がはかどっている。今年もおいしいリンゴを届けたい」と話した。作業は3月いっぱい続く。