天皇陛下、オンライン視察へ 福島県内の高齢者を激励

 

 天皇陛下は福島県内の高齢者を激励するため、オンラインで視察される。延期されていた敬老の日にちなんだ訪問となる。県と宮内庁が20日、発表した。

 県によると、新型コロナウイルス感染拡大後、天皇陛下がオンラインで本県を視察されるのは3度目。2020年11月、福島赤十字病院(福島市)から新型コロナへの対応状況について説明を受けたほか、21年4月には震災から10年が経過した被災地激励のため、双葉、大熊両町の被災者らを見舞った。

 天皇陛下は即位後の19年12月、東日本台風(台風19号)で甚大な被害を受けた本宮市などを訪問している。