寒波流入、会津で警報級大雪の恐れ 26日にかけ中通りも積雪か

 

 福島地方気象台によると、寒気の影響で会津では24日夜から26日ごろにかけて大雪となる所がある見込み。海上では24日夕方から25日にかけて雪を伴った暴風も予想され、気象台は暴風雪への警戒を呼びかけている。

 会津では寒気の強さ次第で警報級の大雪となる可能性もある。予想される24時間降雪量の最大は、24日午後6時までが会津山沿い50センチ、会津平地30センチ、中通り山沿い15センチ。25日午後6時までが会津山沿い60~80センチ、会津平地と中通り山沿い30~50センチ、中通り平地と浜通り山沿いが10~20センチ。26日午後6時までが会津山沿い30~50センチ、会津平地と中通り山沿いが20~40センチ、中通り平地10~20センチ。

 最大風速の予想は24日が海上18メートル(最大瞬間風速30メートル)、浜通り陸上と中通りが13メートル(同25メートル)、会津10メートル(同20メートル)。25日は海上15~19メートル(同20~30メートル)、浜通り陸上と中通り、会津がいずれも10~14メートル(同20~25メートル)となっている。

 23日の県内は寒気の影響で気温が下がり、北塩原村桧原で氷点下10.9度、檜枝岐村で同9.4度、天栄村湯本で同7.8度など多くの地点で最も寒い時期を下回った。気象台によると24、25日はさらに気温が低くなる所もある見込み。

 東北線、磐越西線が一部運休

 JR東日本は24日、只見線と磐越西線、東北線の一部列車の運転を見合わせる。

 只見線は午後1時以降、会津川口―小出間の上下線で見合わせる。代行バス輸送は行わない。磐越西線は午後3時以降、山都―馬下間の上下線で見合わせ、喜多方―野沢間で代行バスを運行する。

 東北線は下りの午後7時43分福島発仙台行き、上りの午後6時6分仙台発福島行きの運行を取りやめる。

 25日も奥羽線庭坂―米沢間、只見線会津坂下―大白川間で運転を見合わせる可能性がある。