今年はコメ相場「上がる」 坂下初市で大俵引き

 
大勢の人が見守る中、大俵を引き合う参加者=14日午後、会津坂下町

 約400年の伝統を誇る「坂下初市・奇祭大俵引き」は14日、会津坂下町役場前通りで行われ、県内外から集まった約150人の引き子が下帯姿で力を合わせて俵を引き合い、町の中心部で大観衆を沸かせた。

 町観光物産協会、初市実行委員会の主催。町民有志が造り上げた高さ2・5メートル、長さ4メートル、重さ5トンの大俵を引き合う町の冬の風物詩だ。坂下初市は、会津を治めた蒲生氏郷時代にこの地で市の開催が許可されたのが始まりとされる。14日の市を「初市」として市神様の前で大俵引きが始まったのが由来とされている。

 大俵引きは東が勝つとコメの値段が上がり、西が勝つと豊作になるとされる。今年は2勝1敗で東に軍配が上がった。