福島県「来て割」1月18日から予約 電話やサイトなどで受け付け

 

 県は、県内の旅館やホテルで利用できる宿泊割引「福島県『来て。』割」について、18日正午から予約の受け付けを始める。利用期間は2月1日から29日の宿泊分までで、1泊8000円以上の宿泊費について3000円を割り引く。30万泊分を用意しており、宿泊施設の公式サイトや予約サイトで受け付ける。県が16日発表した。

 予約方法は〈1〉宿泊施設への電話か宿泊施設の公式サイト〈2〉宿泊予約サイト〈3〉登録旅行会社―の3通り。〈1〉の場合は予約終了後に特設サイト(ステイナビ)での申請手続きが必要で、チェックイン時に宿泊クーポンを提示して精算時に割り引き後の代金を支払う。〈2〉〈3〉の場合は予約サイトや旅行会社に割り引き後の代金を支払う。インターネットでの申請が難しい場合は、電話やファクスで申し込みが可能な〈3〉の方法を勧めている。

 県内700以上の旅館やホテルが対象で、準備が整った施設や旅行会社から販売を始める。外国人の団体客は対象にならない。今回は地域の商店などで使えるクーポンは配布しない。

 対象の宿泊施設やネット予約サイト、旅行会社の一覧は特設サイト(https://www.kitewari.jp/)で見られる。県は18日午前10時にコールセンター(フリーダイヤル0120・609・049、午前10時~午後5時、土、日曜日、祝日対応)を開設する予定。