車同士が衝突、73歳が死亡 玉川、死亡事故ゼロ4440日で止まる

 
事故で壊れた車=19日午前0時40分ごろ、玉川村小高

 18日午後8時55分ごろ、玉川村小高字稲荷畷の国道118号で、古殿町田口字石畑の男性(73)の乗用車と玉川村岩法寺字蕨岡、会社員の男性(43)の乗用車が衝突した。73歳男性は胸を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。会社員男性は軽いけがを負った。

 石川署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路。会社員男性の乗用車が店舗の駐車場から左折して国道に進入したところ、対向してきた73歳男性の乗用車と何らかの原因で衝突したという。同署が原因を調べている。

 村によると、同村の交通死亡事故ゼロの記録は4440日で途切れた。