箭内夢菜さん「甘っ!と衝撃」 福島県品種・ゆうやけベリーPR

 
来場者に県オリジナル品種のイチゴ「ゆうやけベリー」を手渡す箭内さん(左)

 収穫の最盛期を迎えている福島県オリジナル品種のイチゴ「ゆうやけベリー」をPRしようと、佐藤宏隆副知事とJAふくしま未来の数又清市組合長は19日、伊達市の同JA直売所「みらい百彩館んめ~べ」でトップセールスを展開した。郡山市出身の俳優箭内夢菜さんも駆け付け、県産イチゴの魅力を発信した。

 3人は店内に設けられた特設ステージで、香りや甘みなど「ゆうやけベリー」の特長やお薦めの食べ方を紹介。

 箭内さんは「粒が大きくて、一口食べれば『甘っ!』と衝撃を受ける。イチゴのビタミンは美容にも良い」と絶賛。数又組合長は「今後も生産者が増えて、福島を代表する品種になる」と展望を語った。佐藤副知事は「まずは県民に魅力を知ってもらい、県外にもファンを増やしたい」などと意気込んだ。

 ステージイベント後には、「ゆうやけベリー」のプレゼント抽選会が開かれたほか、試食品が振る舞われた。