「アロハ」全国に笑顔 1月31日の記念日PRへ県内外で活動

 
会場を盛り上げたフラガール

 1月31日の「アロハの日」を発信しようと、いわき市やいわき商工会議所、スパリゾートハワイアンズを運営する常磐興産などでつくる「いわき観光共同キャンペーン実行委員会」は新たに21日~2月4日を「『アロハの日』ウイーク」と銘打ち、福島県内外でPR活動を展開する。

 21日、同市のイオンモールいわき小名浜で第1弾のイベントを開き、ハワイアンズダンシングチームのフラガールがステージショーで会場を盛り上げた。

 主催者代表で千葉伸一郎市観光文化スポーツ部長が「アロハの精神で全国に元気を届けていきたい」と語り、進藤由紀イオンモールいわき小名浜ゼネラルマネジャーもあいさつした。

 ハワイのあいさつであるアロハは、人や自然を思いやる精神を表す言葉。市内や本県からアロハを広めて全国を笑顔にしたいと、常磐興産が昨年1月、実行委と連携し、国際姉妹都市の米ハワイ州カウアイ郡と協力して記念日を制定した。

 実行委は26、27の両日、横浜市で第2弾のイベントを開催する。26日はよこはまコスモワールドの大観覧車を「フラシティいわき」のロゴのイメージカラーである青と赤に点灯する。