女性はねた疑い富岡町職員逮捕 国道6号、交差点で横断中事故

 

 22日午後5時半ごろ、富岡町本岡の国道6号の信号機のある交差点で、道路を横断中の50代女性が乗用車にはねられた。双葉地方消防本部によると、女性は事故直後は意識不明だったが、搬送先の病院で意識を取り戻したという。

 双葉署は同日午後6時15分ごろ、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで乗用車を運転していた広野町折木字正木内、富岡町会計年度任用職員の女(41)を現行犯逮捕した。逮捕容疑は乗用車で交差点を右折した際、道路を横断中の女性をはねて、けがを負わせた疑い。