会津は大雪恐れ...山沿い60センチ 今季一番の寒気、福島県内も警戒

 

 今季一番の強い寒気と冬型の気圧配置の影響で25日にかけて、東日本から西日本の日本海側を中心に警報級の大雪となり、太平洋側の平地でも雪が積もる恐れがある。気象庁は23日、積雪や路面の凍結による交通への影響に警戒を呼びかけた。能登半島地震で被災した家屋は雪の重みによる倒壊に注意する必要がある。

 福島地方気象台によると、24日の福島県内は冬型の気圧配置が強まり、会津は24日朝から25日にかけて大雪となる見込み。警報級となる可能性もあり、交通障害や建物、農業施設への被害などに警戒を呼びかけている。

 24日午後6時までの24時間予想降雪量は多い所で会津の山沿いが60センチ、平地が20センチ、中通りの山沿いが15センチ、平地が10センチ。