伊藤美誠選手「卓球通じ多くの笑顔を」 福島県民へメッセージ

 
伊藤美誠選手

 復興庁が2月4日にJヴィレッジで開くスポーツイベント「ふくしま浜通り復興スポーツフェス」にスペシャルゲストとして参加する卓球女子の伊藤美誠選手は23日、福島県民らに「卓球を通じた交流で少しでも多くの笑顔が生まれたらうれしい」とのメッセージを寄せた。

 復興庁が23日、メッセージを発表した。伊藤選手はメッセージで東日本大震災と東京電力福島第1原発事故について「被災地では大変な思いをしている方がまだまだたくさんいらっしゃると聞きました」と復興が道半ばの現状に思いをはせた。イベント参加については「少しでも復興への力になれれば」と決意を示した。

 伊藤選手はイベントで卓球教室やトークショーを繰り広げる。卓球は「老若男女、幅広い層の方が親しめるスポーツ」と紹介し「みなさんとお会いできるのをとても楽しみにしています」とつづった。

 伊藤選手は東京五輪卓球混合ダブルスで金メダルを獲得。現在は22日に開幕した全日本選手権に出場し、パリ五輪シングルス代表入りを目指している。

 イベントは福島民友新聞社の共催。フットサル交流大会やサッカーのいわきFCによるサッカー教室、ブラインドテニスやボッチャなどの体験会が開かれる。

 土屋品子復興相は23日の閣議後記者会見で「スポーツを通じて福島の復興を支援する」と参加を呼びかけた。

 時間は午前10時~午後4時。参加無料。