ヘビ型ロボ、小型ドローン公開 東電、1号機格納容器調査で使用

 
(写真上)東京電力福島第1原発1号機の原子炉格納容器調査で使用するヘビ型ロボット=23日、楢葉町、(写真下)原子炉格納容器内の調査に使用する小型ドローン

 東京電力福島第1原発1号機で2月に予定しているドローンを使った原子炉格納容器の内部調査を前に、東電は23日、調査に使うドローンやヘビ型ロボットの操作訓練を楢葉町で報道陣に公開した。

 ドローンは縦約19センチ、横約18センチ、重さ185グラムと小型。狭い格納容器内でも機動性が高く、撮影能力の高い機体を採用した。ドローンの無線通信範囲を補うため、無線中継器を搭載した長さ約3メートルのヘビ型ロボットも同時に投入する。

 操作訓練は同町にある日本原子力研究開発機構(JAEA)の楢葉遠隔技術開発センターで行われた。格納容器内部を再現した場所に、配管を通してロボットなどを投入。ドローンの操縦方法や飛行ルートを確認しながら飛行し、映像を撮影した。ヘビ型ロボットも障害物を乗り越えて予定の位置まで進入し、計画通りの動きを見せた。

 調査は格納容器内の水がたまっていない範囲で行われる。東電は溶け落ちた核燃料(デブリ)の取り出し工法を検討する際に、調査で得られた情報を役立てる。

 1号機では圧力容器内にあった核燃料のほぼ全てが外側の格納容器内に溶け落ちたとみられる。東電は既に、水がたまった格納容器底部を水中ロボットで調査したが、デブリ取り出しに向け、より上部にある圧力容器底部周辺などの情報を把握する計画を立てた。

 第1原発1~3号機の格納容器の内部調査にドローンを使うのは初めて。東電の内部調査プロジェクトグループマネジャーの新沢昌一さんは「安全第一で調査を開始したい」と話した。