会津も警報級か、大雪の可能性 交通障害や雪崩など注意呼びかけ

 
降りしきる雪の中、集落の除雪を進める重機=24日午後、金山町中川

 24日の県内は強い冬型の気圧配置となり、会津を中心に雪が降った。25日も続き、会津では夕方にかけて警報級の大雪となる可能性があり、福島地方気象台は大雪による交通障害や雪崩などへの注意を呼びかけている。

 気象台によると、24日は檜枝岐村で89センチ、只見町で62センチ、南会津町南郷で46センチ、金山町で45センチの積雪を観測した。25日午後6時までに予想される24時間降雪量の最大は会津の山沿いで70センチ、会津の平地と中通りの山沿いで30センチ、中通りの平地で15センチで、中通りでも大雪による交通障害への注意が必要としている。

 25日・JR各線で遅れや運休可能性

 大雪や強風の影響で、JR東日本は24日、只見線会津川口―小出間で始発から終日運転を見合わせた。上下線計6本が運休し、約90人に影響した。常磐線も一部区間で運転中止となった。

 25日は只見線会津川口―小出間で終日、奥羽線庭坂―米沢間で始発から正午ごろまで運転を見合わせる。東北線福島―白石間と常磐線原ノ町―仙台間は午前9時ごろから、磐越西線郡山―会津若松間は正午ごろから、遅れや運休が発生する可能性がある。

 26日も只見線会津川口―大白川間は大雪のため終日、遅れや運休が発生する可能性がある。

 最新の運行情報はJR東のホームページで確認できる。