捜査費4万円盗んだ疑い、巡査長を書類送検と停職6月

 

 県警は26日、捜査協力者への謝礼などで使用する捜査費計4万円を同僚警察官から盗んだとして、いわき南署の男性巡査長(35)を盗みの疑いで福島地検に書類送検し、停職6月の懲戒処分にしたと発表した。処分は同日付。男性巡査長は同日、依願退職した。

 男性巡査長の書類送検容疑は昨年9月6、9の両日、署内の同僚2人の机から捜査費2万円ずつ、計4万円を盗んだ疑い。

 県警監察課によると、捜査費がなくなっていることに被害を受けた同僚の一人が気付き、上司に相談して発覚した。男性巡査長はギャンブルに使うために盗んだと明かし「ばかなことをしてしまい、後悔している」と話したという。盗んだのは勤務中と勤務開始直前だった。

 捜査費は鍵のかかる机や自身の財布などで管理しているという。今回盗まれた2人は机の鍵をかけていたが、机の近くに鍵を保管していた。

 県警は26日付で、いわき南署の署長と副署長を業務指導、男性巡査長所属の課長を所属長口頭注意とした。再発防止に向け、捜査費に関して本部長通達を発出したほか、今後、再発防止会議を開催する。若田英(たけし)本部長は「警察官としてあるまじき行為で言語道断。県民の皆さまの信頼を大きく損ねる行為で深くおわび申し上げる」とコメントした。