【速報】降車の女性、バスにひかれ心肺停止 若松、運転手を逮捕

 
事故現場でバスなどを調べる署員=1日午前11時5分ごろ、会津若松市大町

 1日午前10時ごろ、会津若松市大町の国道118号で、50代女性が会津乗合自動車(会津バス)の路線バスにはねられ、病院に搬送された。会津若松地方消防本部によると、女性は心肺停止の重体という。会津若松署は自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで運転手の男を現行犯逮捕した。

 同署によると、女性はバス停で降車する際に、バス左側の車輪にひかれたとみられる。運転手の男は「人がいることに気が付かなかった」と供述しているという。同署などが事故の原因を調べている。