降車女性、バスにひかれ死亡 若松、転倒に気づかず...運転手逮捕

 
事故現場でバスなどを調べる署員=1日午前11時5分ごろ、会津若松市大町

 1日午前9時55分ごろ、会津若松市大町2丁目の国道118号で、会津乗合自動車(会津バス)の路線バスを降りた同市山鹿町、女性(59)が同バスにはねられた。会津若松署は同日午前10時30分ごろ、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、バスを運転していた同市門田町飯寺字村東の男(58)を現行犯逮捕した。女性は搬送先の病院で死亡し、同署は容疑を同法違反(過失致死)に切り替えて捜査する。

 逮捕容疑は、バスが停留所で女性を降車させて発進した際、前方の乗降口付近の路上に転倒していた女性をはねた疑い。運転手の男は容疑を認めており「人がいることに気が付かなかった」と供述しているという。

 事故を受け、会津バスは「重大事故を発生させてしまったことを会社としておわび申し上げます。二度とこのような事故を発生させることがないよう、安全対策および事故防止に全社を挙げて取り組んでまいります」とコメントした。