大相撲・大波3兄弟、古里に「福」 福島稲荷神社で節分祭

 
(写真右)節分祭で豆をまく大波3兄弟の(右から)若隆元、若元春、(写真左)かみしも姿で豆をまいた若隆景 =3日午後、福島市

 福島市の福島稲荷神社で3日、節分祭の行事が行われた。大相撲の荒汐部屋に所属する若元春(30)ら同市出身の力士が特設舞台から豆をまき、1年の無病息災などを願った。

 境内は例年の約2倍という約600人の市民やファンで埋め尽くされた。次男の若元春、三男の若隆景(29)、長男の若隆元(32)の大波3兄弟はかみしも姿となり、境内に設けられた特設舞台に上がった。一斉に豆をまくと、市民らは歓声を上げて手を伸ばしていた。

 同じく荒汐部屋に所属する福島市出身の大賀(21)と丹治(17)の「丹治兄弟」も参加した。