救助隊員・新妻さん「支え続ける」 能登半島地震、がれき撤去

 
崩れた家の下敷きになった車を取り出す新妻さんら=石川県輪島市

 いわき市の小名浜消防署で救助隊員を務める新妻拓弥さん(32)は、重機などを操る技術系災害ボランティアとして、能登半島地震で被災した石川、新潟両県で活動し、経験を生かして被災地の復旧を下支えした。

 新妻さんは1月11、12の両日に新潟市を訪れ、液状化現象で割れた道路の間からあふれ出た泥や倒れたブロック塀の撤去などに当たった。同16~18日は常磐消防署の小島巧也さん(36)と共に石川県輪島市に入り、崩れた住宅の下敷きになった車両や貴重品、位牌(いはい)などを、重機を使って取り出したり、道路をふさぐ災害がれきを片付けたりした。

 いわき市出身の新妻さんは、東日本大震災の津波で実家が流された。落ち込んでいた時、声をかけてくれたのが災害ボランティアや消防職員だった。「被災して下を向いている人たちを元気づけられる、人の役に立つ人間になりたい」。勤務先を退職し、23歳で消防士となった。市内に大きな被害が出た昨年9月の記録的豪雨では、消防の立場で支援に尽力した。

 新妻さんは能登半島地震の災害ボランティア活動について「前を向ける状況ではないが、涙を浮かべながら感謝の言葉を言ってくれる人が多くいた」と振り返り「まだまだ災害支援が必要。継続的に行きたい」と意欲を語った。

 新妻さんは今月も石川県でのボランティア活動を予定している。