福島のどら焼き専門店、大雪で出荷できず "SOS"に応え多くの客

 
6日限定で販売されたどら焼きのセット

 「ご協力ください!」

 交流サイト(SNS)へ投稿した1件の"SOS"が難局を乗り切るきっかけを作った。福島市のどら焼き専門店「どらやき丹坊」は、大雪の影響で東京都の日本橋三越本店で6日に参加予定だった物産フェアへ出荷ができずにX(旧ツイッター)に投稿。6日の店には、投稿を見た多くの客であふれた。

 5日から仕込み作業を行い、都内に出荷予定だったどら焼きは数百個。出荷がかなわず、どら焼きは生もので日持ちしないため対応に困っていたという。市内の本店で、出荷予定だったどら焼きを詰めたセットを販売した。

 村山由美子社長(45)は「(投稿は)わらにもすがる思いだったが、わざわざ買いに来ていただけたお客さまの温かい気持ちに感謝したい」と話した。