災害時、ARで避難誘導 いわきで実証へ、スマホ画面に矢印表示

 
(写真左)ARを使った避難支援のアプリ画面。矢印で最適な避難ルートを案内する、(写真右)火災などが発生している場合は迂回(うかい)を呼びかける

 東北大や九州大、いわき市などは3月3日、同市のイオンモールいわき小名浜周辺で、拡張現実(AR)技術を使ったスマートフォンのアプリにより災害時に最適な避難経路を案内する実証実験に取り組む。市民にアプリの利用を体験してもらい、有効性を示すことで実用化を目指す。ARで避難誘導する取り組みは全国で初めて。

 いわき市などが6日、合同記者会見で発表した。アプリは東北大災害科学国際研究所と九州大データ駆動イノベーション推進本部が共同で開発した。利用者がスマホの画面に表示される矢印に沿って移動すると、火災や建物の倒壊、津波などを避けて適切に避難することができる仕組みになっている。

 火災や倒壊が起きた箇所などの情報については、利用者が発見した際にアプリの画面に映して報告ボタンを押すことで、新たな情報として共有される。

 実証実験は避難訓練を兼ねてイオン、イオンモールも共同で実施する。訓練は太平洋沖で地震が発生し、津波の恐れがある―との想定で、地域住民と福島高専の学生計約70人が参加。火災などを報告しながら、避難所のイオンモールいわき小名浜を目指す。

 避難所案内、AI活用

 併せて、両大が共同開発した生成人工知能(AI)を活用した避難所運営支援の実証も行われる。タブレット端末上のキャラクターに「2次避難所の場所は」「罹災(りさい)証明書について教えて」などの質問をすると、適切な答えを返してくれる。カメラやマイクを通じた情報から、質問者の感情や年代などを読み取り、状況に応じて気遣った受け答えをしてくれるという。

 イオンモールいわき小名浜は同社の被災地モデルの建物となっており、東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた地域でもあることから、初の実証実験の場として選定された。

 大石裕介九州大教授・東北大特任教授は「最新の技術を防災に取り入れていくことが重要。デジタルで必要な情報が得られることでより安全な避難行動が実現できる」と防災への技術活用の重要性を指摘した。