2人だけの部屋で虐待か 県けやき荘、傷害容疑逮捕の元職員

 

 西郷村の障害者支援施設「県けやき荘」で職員が入所者に身体的虐待をした事件で、白河署が傷害の疑いで逮捕した西郷村小田倉字蛇口、元施設職員の男(43)は、男性入所者と2人になった部屋でやけどを負わせたとみられることが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男は熱した物で男性入所者に複数箇所のやけどを負わせた。両太ももや背中などにやけどの痕が残っていたという。

 同署は8日、男を送検した。

 施設を運営する県社会福祉事業団によると、男を7日付で懲戒解雇処分にした。