クルーズ船、3年ぶり小名浜入港へ 9月2隻、誘客1300人規模

 

 いわき市の小名浜港に9月、約3年ぶりにクルーズ船が入港する見通しとなった。9月中に2隻のクルーズ船が入港する予定で、1300人規模の誘客が期待される。

 市が8日発表した新年度当初予算案に、港での歓迎セレモニーなどの事業費約210万円を計上した。

 市によると、クルーズ船が最後に同港に入港したのは2021年4月。新型コロナウイルス感染拡大などの影響もあり誘致しにくい状況が続いていたが、県や市、関係団体でつくる「小名浜港クルーズ船誘致連絡会」が入港を呼びかけていた。

 入港するのは「飛鳥Ⅱ」(定員約870人)と「にっぽん丸」(同約450人)。

このうち飛鳥は北海道を出港し小名浜港には1日間、入港する予定。入港中は同市の魚市場のほか、あぶくま洞(田村市)などを回るルートが検討されているという。