幸楽苑、赤字8700万円に圧縮 一部商品値下げやメニュー改定

 

 幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)が8日発表した2023年4~12月期連結決算は、純損益が8700万円の赤字だった。原材料費高騰などが利益を圧迫したが、一部商品の値下げやメニュー改定で売上高を伸ばし、前年同期の16億3300万円の赤字を大幅に圧縮した。

 売上高は199億1000万円(前年同期比3.5%増)、経常損益は2億2000万円の赤字(前年同期は8億300万円の赤字)だった。通期の連結業績予想に変更はない。