文化庁100年フード認定...高田梅漬け、郡山ブラック、塩川鳥モツ

 
塩川鳥モツ(資料写真)

 文化庁は5日、地域に根付く食文化をPRする「100年フード」に、本県の高田梅漬け(会津美里町)、しょうゆラーメンの郡山ブラック(郡山市)、塩川鳥モツ(喜多方市)の3件を含む26都道県の50件を認定した。郷土料理やB級グルメが対象で認定は3回目。

 高田梅漬けは日本一大きな実を付けるといわれる高田梅を加工したもので、高田梅の特徴である皮が薄く果肉が厚い上、食感も良いことから各家庭で漬けられたのが始まりとされる。

 郡山ブラックは、濃い口しょうゆなどを使用した漆黒のスープが目を引くしょうゆラーメン。1917年ごろに郡山市内の食堂で提供し始めた中華そばが起源といわれ、福島三大ラーメンにも数えられている。

 塩川鳥モツは「鳥皮」を煮込んだ料理。養鶏業が盛んになった昭和初期に、売れ残った部位である皮を家庭で煮込んで食べたのが始まりとされる。現在は各店舗が独自の調理方法と味付けで提供し、人気を集めている。

 50件のうち江戸時代以前から伝わる「伝統」部門は31件で高田梅漬けが入った。

 郡山ブラックは明治・大正から続く「近代」部門5件のうちの一つ。塩川鳥モツは昭和以降に誕生し、14件が選ばれた今後100年の継承を目指す「未来」部門で認定された。

 観光振興やまちづくりに活用するモデルになるとして石狩鍋(北海道)やいぶりがっこ(秋田県)など5件は特別賞にも選ばれた。

 食に関する情報発信に取り組む博物館や道の駅などの「食文化ミュージアム」も認定。新横浜ラーメン博物館(神奈川県)など21件を選定した。