「伊達拡幅」4車線化完了、9日開通 国道4号、着手から40年超

 

 国土交通省が整備を進めてきた国道4号の伊達拡幅(延長9.1キロ)のうち、国見町役場前交差点―同町石母田(同1.6キロ)の工事が完了し、9日午前10時に4車線で開通する見通しとなった。1981年度から進めてきた伊達拡幅事業は全て完了、渋滞の緩和や産業、観光振興に期待がかかる。東北地方整備局が5日、発表した。

 伊達拡幅を巡っては、87年度以降、伊達市広前の伊達交差点以北で順次、4車線での通行が始まり、今回4車線で通行が始まる区間を除く延長7.5キロは、2019年度までに完成していた。福島河川国道事務所によると、総事業費は215億円という。