白い世界、映える黄色 福島県内各地で積雪

 
咲き始めたサンシュユに湿った雪が積もり、花の黄色と雪の白のコントラストが際立った=6日午前、福島市・花見山公園

 6日の福島県内は本州の南岸を進む低気圧の影響で雪が降った。福島地方気象台によると、最深積雪(午後4時現在)は檜枝岐村で110センチ、只見町で79センチ、金山町で42センチ、南会津町南郷で38センチ、天栄村湯本で26センチを観測した。

 福島市は9センチの積雪となった。花見山公園では咲き始めたサンシュユに湿った雪が積もり、花の黄色と白い雪のコントラストが際立っていた。

 7日の県内は高気圧に覆われ、晴れや曇りとなる見込み。日中の予想最高気温は福島市、いわき市小名浜で8度、相馬市で7度、会津若松市と白河市で6度、郡山市で5度、南会津町田島で3度となっている。