関脇・若元春らに熱いエール 大相撲春場所初日、福島駅前でPV

 
大型ビジョン前で若元春に声援を送る市民ら

 大相撲春場所初日の10日、福島市のJR福島駅西口駅前広場の大型ビジョンで大相撲のパブリックビューイング(PV)が行われた。市民らが関脇に返り咲いた若元春(福島市出身)に熱いエールを送り、勝利を後押しした。

 若元春らを応援する「大相撲大波三兄弟福島後援会」の会員をはじめ、約30人が観戦。若元春は前頭3枚目の王鵬を押し出して白星を挙げた。若元春の父大波政志さんは「安定した取組だった。得意の左四つだけにこだわらず、勝ち星を伸ばしてほしい」と期待を寄せた。

 この日は右膝の大けがを乗り越え、十両に復帰した若隆景も勝利で飾った。政志さんは「積極的に前に出るいい相撲だった。安心して見られた。けがをしないでこの調子で頑張ってほしい」と語った。

 大型ビジョンでは千秋楽までの毎日、大相撲中継が放映される。時間は午後4時~同6時。