請戸漁港に迷いクジラ 体長10メートル「早く帰れるといい」

 
請戸漁港内を泳ぐマッコウクジラ。右が頭部で鼻の穴が見える

 16日午前10時ごろ、相馬双葉漁協の職員から「請戸漁港の南側の港にクジラが迷い込んでいる」と福島海上保安部に通報があった。福島海保は相馬港湾建設事務所に連絡し、同事務所職員がクジラを確認した。クジラは体長約10メートルとみられ、港内にとどまっている。

 クジラを一目見ようと住民らが集まり「大きいね」などとスマートフォンなどで撮影。頭の方がけがをしているように赤くなっていることから「早く漁港から出て海に帰れるといいが」と心配する声もあった。

 アクアマリンふくしま(いわき市)の獣医師は、インターネット上の投稿映像を通じて世界規模で分布しているマッコウクジラと確認。「元気そうに見える。何らかの理由で漁港内に迷い込んだのだろう。干満差で自力で脱出できる可能性がある」と話した。

クジラを見守る人たちマッコウクジラを見守る人たち=16日午後5時50分ごろ、浪江町