5年ぶり復活、磐梯で舟引き 米俵積んだ木舟...威勢よく引き合う

 
米俵を積んだ木舟を威勢良く引き合った「舟引き祭り」=磐梯町・磐梯神社

 春分の日の20日、磐梯町の磐梯神社で県指定重要無形民俗文化財の「舟引き祭りと巫女(みこ)舞」が行われた。住民が米俵を積んだ木舟を威勢良く揺らしながら東西に引き合い、今年は東が勝って「豊作」と占った。

 舟引きは、新型コロナウイルス感染症の影響で中止が続き、2019年以来5年ぶり。野良着姿の住民が東西に分かれて米俵3俵を積んだ飯舟(いいふね)と呼ばれる木舟を引き合い、東が勝てば豊作、西が勝てばコメの値が上がるとされる。今年は2勝1敗で東に軍配が上がった。

 舟引きに先立ち、社殿内で巫女舞が奉納され、笛や太鼓に合わせて地域の子どもたちが三つの舞を披露した。今年は県内最古級の芸能とされる「明神舞(みょうじんまい)」も初めて奉納された。