若松市内3カ所でカーシェア開始 スマホアプリで予約や返却

 
シェアカーに試乗する関係者

 会津信用金庫は21日、会津若松市の3カ所から利用できるカーシェアのサービスを始めた。専用のスマートフォンアプリ「TOYOTA SHARE(トヨタシェア)」で車の予約、解錠、返却など一連の手続きが完了するため、いつでも手軽に利用できるのが特長だ。2次交通が整っていない会津で移動手段を用意することにより、観光の周遊性向上を目指す。

 ダイハツ福島(郡山市)の協力で、5人乗りの乗用車3台の提供を受けた。会津若松ワシントンホテル駐車場、中町まちなか市民広場、会津武家屋敷駐車場に1台ずつ置く。希望者はスマホアプリから利用を申し込み、乗車した場所に車を返却する。15分など短時間の利用も可能で、会津信金は観光客に加え、出張者の利用を見込む。

 関係者向けの発表会が21日、会津武家屋敷駐車場で開かれた。星幹夫理事長は「会津は広い地域の中にさまざまな魅力がある。観光の広域化を進め、観光地としての魅力を高めていきたい」とあいさつした。室井照平市長、会津若松商工会議所の渋川恵男会頭、ダイハツ福島の佐藤修朗会長らと共にテープカットしてサービス開始を祝った。

 料金は15分220円。6時間5610円、12時間5940円、24時間7810円のパック料金もある。問い合わせはトヨタシェア(電話0800・666・2077)へ。

カーシェアの乗車場所