国道252号水沼工区、工事完了 金山、冬季でも安全な走行可能に

 
改良工事が完了した国道252号水沼工区=金山町

 2011年7月の新潟・福島豪雨で冠水などの被害が出た金山町の国道252号水沼工区(延長2.3キロ)の改良工事が25日、完了した。完成式が同日、同町で行われ、関係者が道路交通の改善による地域振興に期待を寄せた。

 改良工事で道路のかさ上げや幅を広げたことにより浸水被害を防げるほか、冬季でも安全な走行が可能になったという。改良前の道路は豪雨で冠水被害が出た当時、大きな回り道が必要となり、住民生活に支障が出た。カーブや急勾配もあったため、安全で円滑な交通の確保が課題だった。

 式では野地重和県会津若松建設事務所長が「安全で円滑な交通により、地域振興が図られる」とあいさつした。押部源二郎金山町長らが祝辞を述べた。

国道252号水沼工区