美里70代、投資詐欺250万円被害 指定された口座に複数回現金

 

 1日午後1時25分ごろ、会津美里町の金融機関から「高額の現金を振り込もうとしている人がいる」と会津若松署会津美里分庁舎に通報があった。駆け付けた署員が町内の70代男性から話を聞くと、男性が投資名目で現金計約250万円をだまし取られていたことが分かった。同署は詐欺事件として捜査している。

 同分庁舎によると、男性は2月下旬~3月下旬ごろの間、交流サイト(SNS)を通じて知り合った女性から、金の投資サイトを紹介された。男性はサイト関係者の話を信じ、指定された口座に複数回にわたり現金を振り込んだ。

 男性は払い戻しの手続きをしようとした際にも「両替に手数料がかかる」などのメッセージを受けてさらに現金を振り込み、被害が計約250万円に上ったという。