福島県内全域に「クマ注意報」 ツキノワグマ目撃情報が相次ぐ

 

 県は1日、ツキノワグマの目撃情報が相次いでいることを受け、県内全域を対象に「ツキノワグマ出没注意報」を発令した。発令期間は7月31日まで。

 県によると、今年は1~3月に25件の目撃情報があった。通常の年はクマが冬眠中のためほとんど目撃されず、昨年は3件だった。

 県は今後、冬眠から目覚めたクマの出没が増えるとみている。2~3月の平均気温が例年より高く推移したことで、活動の活発化が早まる恐れもあるという。注意報の発令は4年連続となる。