旧伊南村地域唯一の医療機関閉院 南会津、近隣通院に町が送迎車

 
閉院した伊南小野木クリニック

 南会津町の旧伊南村地域で歯科医院を除く唯一の医療機関「伊南小野木クリニック」が3月末で閉院した。地域医療の維持が課題となる。町は本年度、無料送迎車を運行し、近隣の医療機関への通院を支援する。

 町によると、同クリニックは町村合併した2006年に開院した民間医療機関。内科などの診療科目を設け、地域医療を支えていた。医師の体調面や、患者数減少などによる理由で閉院することになった。

 町は当面の間、医療受診の機会の確保に向け、無料福祉送迎車を運行する。利用希望者は40人程度を想定している。伊南総合支所に専属の臨時職員1人を置き、電話予約や運転業務に励む。同町南郷地域の「なかやクリニック」と舘岩地域の「舘岩愛輝診療所」が患者を受け付ける。

 伊南小野木クリニックの建物と土地は町が所有している。町は「医師確保を目指しながら、活用方法を検討していきたい」としている。