東北新幹線また大幅遅れ 最大5時間半、福島で工事車両油漏れ

 
運転見合わせの影響でJR福島駅付近で停車した新幹線=2日午前8時35分ごろ、福島市

 2日午前5時5分ごろ、東北新幹線の福島―白石蔵王間で安全確認をしていた工事車両から油が漏れているのが見つかり、東北・秋田新幹線が東京―仙台間、山形新幹線が東京―福島間で一時、運転を見合わせた。点検終了後、午前10時50分ごろから東京―福島間で折り返し運転を始め、午後0時半ごろに全線で運転を再開した。

 JR東日本によると、油が漏れたのは始発前に線路の支障物などを確認する車両で、福島―白石蔵王間の約16.5キロにわたり、線路に油が付着していたという。作業員が手作業で油を拭き取ったため、長時間の運転見合わせにつながった。未明に青森、岩手両県で震度5弱を観測した地震とは関連がないとしている。

 この影響で、東北・秋田・山形の3新幹線で計76本が運休。計20本に最大で約5時間半の遅れが発生し、約4万3500人に影響が出た。